東京での永代供養の特徴

subpage01

核家族化や高齢化でお墓を守る人がいない場合や、先祖代々のお墓がない場合、永代供養を考えることがあります。

永代供養はお墓を管理する人に変わって、寺院や施設が管理する方法で、年忌供養なども行ってくれることが多いです。



永代供養墓も様々あり、お墓のように一人一人のスペースがあるもの、何年か後に他の人と合祀されるものとがあります。


納骨堂とも呼ばれ、東京においてはロッカーのような場所に納骨したり、コンピューターの管理によってボタンを押すと故人のお骨が出て来たりするものもあります。

このサイトで朝日新聞デジタルについての知識を高めてもらうためのサイトです。

この他、仏壇形式になっているものもあり、自分だけでなくペットや家族も一緒に納骨できるので、従来のお墓のようなイメージをもつことができます。
東京都の場合、霊園の場所を確保するのが難しいこともあり、寺院と併設されていることが多いです。
東京都の寺院では、公園のように明るいイメージにしているところや、仏様を安置しているところなどさまざまで、樹木葬のようにできるフラワーパークのような場所もあります。
永代供養を行うには、管理費など年間にかかる費用もありますが、生前に予約をすることもできるので、自分はどうしたいのか事前にしっかりと考えることができます。



永代供養は近年注目されている納骨方式であるので、トラブルとなってしまうこともあります。一度納骨してしまい、他の人と合祀された場合はお骨を取り出すのは難しいため、親族と話し合うことが大切となります。