海洋葬のメリットと方法

subpage01

最近は都市部を中心に、従来型のお墓に埋葬せずに自然に還ることができる自然葬が人気を集めています。

本当の神奈川の永代供養に今、注目が集まっています。

日本国内で自然葬を行う方法は、樹林墓地に埋葬する樹木葬と、海洋に散骨を行う海洋葬があります。樹木葬は墓地を探す必要がありますが、海洋葬は自由に好きな場所で散骨をすることができます。
海洋葬の最大のメリットは、費用が安いことです。
専門の業者に散骨を委託する場合であれば、数万円の費用で済みます。

goo ニュースの口コミ情報を掲載しています。

遺族が船上から散骨を行う場合でも、数万円〜25万円程度です。


先祖代々伝わる菩提寺を利用する際に戒名代と埋葬代だけで20万円〜30万円の費用(お布施)が必要であることを考慮すれば、海上に散骨をする方が安上がりです。海洋葬を行う方法ですが、遺骨を業者に預けて散骨を委託するか、遺族の手で直接散骨を行うことができます。

遺族が散骨を行うのであれば他の家族と乗り合いを利用するか、船をチャーターします。散骨を行う場合は資格や許可を必要としません。このためレジャーボートやクルーザーなどの船を所有している人であれば、自分で沖合に出て散骨をすることも可能です。



日本国内にも海洋葬を行ってくれる業者がありますが、海外でも散骨を行うことができます。


国によってはライセンスを得た業者を利用しなければならないケースもあり、遺族が勝手に散骨をすることはできません。
海外の海での散骨を希望するのであれば、日本国内の代理店を通して申込むことができます。