海洋葬に関する基礎知識

subpage01

海洋葬は、船などを利用して海へ遺骨を撒くという葬送方法であり、自然葬や散骨の一種になります。
有名人が多く行っていることでも知られており、「死後は大自然の一部になりたい」と希望する人などに注目されています。メリットとしては、自然に還りたいという故人の希望が叶えられるということの他にも、お墓を作る場合と比べて費用が格安で済むといったことが挙げられます。

東京の墓じまいの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

そして業者が提供している海洋葬のサービスに関しては、主に3つのタイプがあり、それぞれ費用が異なります。まず、1つ目のタイプは「チャーター散骨」と呼ばれるもので、船を個人でチャーターして行うというのが特徴です。

こだわるならビジネスジャーナルの有益情報を見つけよう。

費用に関しては、乗船人数や散骨場所までの距離などによって異なりますが、10万〜30万円程度が相場になります。2つ目のタイプは「合同散骨」と呼ばれるもので、複数の遺族が合同で船を利用するというのが特徴です。



費用に関しては、10万円程度が相場であり、チャーター散骨に比べると安く済むと言えるでしょう。

3つ目のタイプは「委託散骨」と呼ばれるもので、自分では船に乗らず、散骨そのものを業者へ委託するというのが特徴になります。

費用は3万〜6万円程度が相場であり、最も費用を安く抑えられる方法だと言えるでしょう。


また、海洋葬を行う際の注意点としては、養魚場や海岸近く、そして定期船の航路の近くなどで行うとトラブルになる恐れがあるため、人目のつかない沖合で行う必要があるということが挙げられます。