東京で永代供養をしてもらいたい時

subpage01

自分に成り代わって永代供養をしてくれる寺を東京で探したい場合、初期費用、維持費について十分に調べておくことが重要です。



まず初期費用については永代供養の契約を交わすときに支払う費用となり、手頃で良心的な場合もあればある程度まとまった費用が必要となる場合もあります。

また、維持費にはどんな種類のものがあるかというと、毎年の更新料や年会費などがそれにあたります。契約を交わすとき書類にきちんと説明されているものであるため、書類によく目を通して納得の上で契約を交わすことが重要となります。

YOMIURI ONLINEの情報はかなり役に立ちます。

次に注意したいのは宗派についてです。

首都である東京には様々な人が生活しているため、永代供養を行う寺でも多種多様な宗派に対応してくれるケースが増えていますが、自分や故人が信仰する宗派が明確である場合は事前に寺に確認をしておくと安心でしょう。


永代供養を依頼しても、盆や命日には墓参りをしたいと考えている場合、アクセスの良さも重要なポイントとなるため、東京の中でも交通アクセスのよい場所を選ぶのがおすすめです。

自家用車がある人は駐車場の有無、公共交通機関やタクシーなどで足を運ぶ場合は主要道路や駅からのアクセスの良し悪しを事前に調べておくとストレスなく墓参りを行えるでしょう。地方に比べると東京で永代供養を行える寺はたくさんあるため、気になる寺があれば何件でも説明を受けて比較検討するのがおすすめです。


そうすれば安心して個人の遺骨を納めることができるでしょう。